ロンドン旅行(その6)

※過去の旅行記になり内容は最新ではございません。

-------

 

観光最終日、まず最初はロンドン塔。タワーヒル駅を降りた時点で目の前に広がる城壁。要塞・宮殿、銀行や天文台だった事もあるみたい。様々な用途で利用されてきた中で、血なまぐさいイメージがつきまとうのは、やはり監獄や処刑場として利用されていた時の印象が強すぎるから。

 

f:id:zumidayo:20180525123902j:plain

 

f:id:zumidayo:20180525124005j:plain

 

f:id:zumidayo:20180525124017j:plain

 

トレイターズ・ゲート。
監獄で利用されていた時は、囚人はこの水門からロンドン塔へ入れられていてこの門をくぐると二度と外には戻れないと言われていたらしい。

かのエリザベス1世も、腹違い姉メアリー1世の治世時に、反乱に加担したと宮廷から尋問を受ける為に召還された際にはこの門を通って中へ・・(と言われていたけど、現在の説は違うらしい?)

 

f:id:zumidayo:20180528131458j:plain

 

拷問器具とかもあった。

 

f:id:zumidayo:20180528131509j:plain

 

ビーチャム・タワーの壁には囚人が彫ったレリーフ。単純な物から思わず見入ってしまう程手の込んだものまで。ある意味、遺書みたいな物になるのかな?

 

f:id:zumidayo:20180528131523j:plain

 

f:id:zumidayo:20180528131643j:plain

 

f:id:zumidayo:20180528131654j:plain

 

9日間の女王として有名なジェーン・グレイ。彼女もロンドン塔で処刑されたうちの一人で、このJANEの文字は夫が刻んだ物だといわれているとの事。

 

f:id:zumidayo:20180528131711j:plain

 

タワー・グリーン。

ロンドン塔には多くの囚人が投獄されたけれども、階級の高い人や影響力のある人はわりと自由に過ごせていたみたい。多くの囚人がタワー・ヒル等で処刑され見世物にされている中、上記の人たちはタワー内にあるこのタワー・グリーンで処刑された...と。

 

f:id:zumidayo:20180528132455j:plain

 

f:id:zumidayo:20180528132510j:plain


拷問だ、処刑だ、暗殺だ!
ちょっと気分が落ちてきた時にオススメなのがジュエル・ハウス。


イギリス王室の宝物庫。
「偉大なアフリカの星」と言われる、どでかいダイヤモンドがついた杖(王笏=おうしゃく)や、戴冠式で使用される「聖エドワード王冠」や、議会開会式で使用している「大英帝国王冠」etc..。とりあえず、キラキラ。 

 

f:id:zumidayo:20180528164327j:plain

 

旅行記書きながら、私ここ入ったかな?(なにせ15年前なので)と思っていたんだけど、突如思い出の扉が開いて、思い出した!!!動く歩道で立ち止まってすら見れなかったあれね!! 見終った後に「また並んで見てもいいのかな?」という会話をした事も思い出したけど、色々旅行記漁ってみたら、何度でもいいっぽい。といっても、オンシーズンは再度並ぶことすら無理かもしれないけど。。

 

 

f:id:zumidayo:20180528164339j:plain

 

f:id:zumidayo:20180528164355j:plain

f:id:zumidayo:20180613181421j:plain